smtwtfs
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
profile
ZenBackTest
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
告白
告白 (JUGEMレビュー »)
チャールズ・R・ジェンキンス
recommend
sponsored links
new entries
categories
archives
recent comment
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

閲覧数を上げるRepostサービスを実際に使ってみる

AFPが配信したRed Soxの上原に関する記事を、米国Repostのサービスを使って貼ってみる。単純なコピペではなく、リアルタイムに元記事を読み込んでいるので、元記事が変更されれば10分程度で更新される。また、---で囲まれた箇所に2か所広告が入る様ですが、同社FAQによれば1つは元記事の広告、1つはRepost独自の広告とのこと。WordPress用に生成したEmbeded Code内のmoreタグ等は無視。
---- ここからEmbeded Codeが始まる ---
Uehara hailed in Japan after Red Sox World Series glory (via AFP)

Pitcher Koji Uehara was hailed at home as a Japanese hero as he helped the Boston Red Sox clinch the World Series after some hit-and-miss years in Major League Baseball. The news of Boston's 6-1 win over the St. Louis Cardinals at home came shortly…

--- ここでEmbeded Codeが終わる ---
Repost This
JUGEMテーマ:ビジネス

at 04:34, Shu Matsuura (松浦 修), ニュースから

comments(0), -

Go West Where The Skies Are Blue (転職と引越のご挨拶)

リス 転職 引越
話はシンプル。海外に飛び出たくて商社に入り、IT業界に居るのでシリコンバレーに憧れ、日系米国企業よりOffer sheetを頂いたので決断。2009年以来、奥さんと共にカリフォルニアに戻りました。急な転職と引越でしたので多くの方々にご挨拶出来ず、失礼したことをお詫び申し上げます。

失意で始まった東京生活も、今振り返れば充実して楽しい日々でした。アジアでのビジネスはアメリカと違った面白さがあるし、自由が丘・奥沢で出会う人々は日常を豊かにしてくれました。東京で出会った全ての方々に、ここで感謝の言葉を申し上げると共に、改めてこれからもお願い申し上げます。

4年振りのBay Areaは確実に自信を取り戻し、新たな発想と技術で再びIT業界を引っ張っているという印象。質素で大胆で世界を変える目標に燃えた20代の経営者達に圧倒される日々。しかし同時に、40代で再びこの世界有数の競争社会でPlayerの1人になれたことに幸せを感じています。

「アメリカに引っ越します」という挨拶に、奥さんのジム友(60代女性)から「隣の国ですね」と言って頂きました。そう地球は狭く、行動は早く、話はシンプルに。それが今のテーマ。
 

at 08:30, Shu Matsuura (松浦 修), 日々感じたこと

comments(0), -

ムーバーズ & シェーカーズ

Movers Shakers ムーバーズ シェーカーズ シリコンバレー ベンチャーキャピタル 
Arthur O'Shaughnessy (19世紀の詩人)の作品の一節に"Movers & Shakers"という言葉が出てきます。近年では短期間に業績を上げる経営者の呼称としても使われるそうです。 

例えば、素晴らしい技術を持っているのに製品化が遅れていたり、製品を投入したのに売上が伸びていないITベンチャー企業に対し、株主であるベンチャーキャピタルが1年程度経営者として送り込み、成長を加速させる成長請負人の様な人々。頭脳明晰は当然。情熱とコミットメントも当然。30代が多く24時間寸暇を惜しんで働き続けるとか。 

こんな人達と働けることは幸せか、大変か。自分はMovers & Shakersになれるのか。仕事は人生で一番大切なことではないですが、一番時間を費やすもの。知らなかったですが、歳を取ると怖いものも増えますね。

 Movers & Shakersという言葉を教えてくれた著名なベンチャーキャピタリストが笑顔で教えてくれました。「経営者は(成否を問わず)直ぐ変えるね、車のタイヤみたいなもの。」改めてすごい世界と認識しつつ、件の質問に「そりゃ幸せだろう」と息を吹き返すシリコンバレーのスタバで考える。今日の気持ちを大切にしよう。

at 14:00, Shu Matsuura (松浦 修), 日々感じたこと

comments(0), -

連休と石と痛み

連休 結石 尿路 尿管 
穏やかな連休の早朝5時、激痛で目が覚めました。明らかに胃腸の痛みと違うし、汗と吐き気が止まらず、救急病院にタクシーで向かいました。

救急外来でも保険証の提示や受付手続は必要、自分でも読めない字、ほぼ一筆で氏名・住所を記入。当直は外科医。連休、早朝、専門外のためか医師は不機嫌または緊張気味。点滴を打ちながらCT検査を受けましたが、検査中に呼吸を止めるのが辛かったです。

救急処置室に戻ると空気一転。CT画像に写った尿管に3mmの結石を発見した医師は嬉しそう。痛みの原因が分かり、医学的に難しい病気ではないのでしょう。治療は痛み止めを服用しつつ、水分を多く取り、自然排石を待つだけ。つまり、医師としては終了。

尿路結石の痛みは、男性が経験する痛みの中で最も強いと言われています。心配なので看護師(ベテラン)に質問を繰り返すも、「薬が切れたら痛むでしょうね」「七転八倒と言われています」「まあ、昔は縄跳びしてもらっていました」と淡々と回答頂きました。夕方には石の存在を感じつつもスポーツクラブで普通に運動。不思議な一日でした。

at 15:04, Shu Matsuura (松浦 修), 日々感じたこと

comments(1), -

Kobo Touch来る

kobo touch 
少し前にネットで話題になりましたが、私の所にも楽天さんからKobo Touchが送られてきました。楽天で書籍を買ったことがない私が無料配布対象に選ばれたのは正直驚き。

タッチの反応が遅い、ページをめくる時の白黒反転が気になるという指摘は私も同意見ですが、折角なのであまり指摘されていない気になる仕様を纏めると以下:

a. スクリーンロック出来ない。(これは必須でしょう...やましくなくても。)
b. 最後に読んだ本の表紙を待ち受け画面に自動設定。(必ず古典を開いてから電源オフ。)
c. デスクトップデザインが... (カナダ人のセンスなのだろうか...)
d. 起動が遅い。(30秒あればスマホでメールチェック可。)
e. 電源オフ中ホームボタンが効かない。(iPhoneユーザには意外にストレス。)

今回の無料配布に困惑した人も多かったそうですが、私は嬉しかったです。直ぐに青空文庫から大量に文芸作品をダウンロードしましたし、Kindle購入も延期しました。なにより電子書籍を日本で普及させるという楽天さんの並々ならぬ意気込みを感じました。色々書きましたが楽天さんの試みを応援したいです。

at 17:40, Shu Matsuura (松浦 修), 日々感じたこと

comments(1), -